2021/06/04

【コミュトレ】インストラクター紹介 Part4 ~会議で論理的な発言をする~

ピックアップ > スタッフ紹介 朝見まや

こんにちは! 

社会人向けビジネスコミュニケーションスクール「コミュトレ」です。 

 

本記事では、コミュトレで受講生の皆さんをサポートするインストラクター(講師)のご紹介をしていきます。 

 

4弾となる今回は、「会議で論理的な発言をする(ディスカッションスキル)」ユニットを担当する2人のインストラクターにインタビューを行いました。 

 

関連記事

 

是非、ご覧ください! 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

「会議で論理的な発言をする」ユニットとは? 

コミュトレでは、社会人がコミュニケーション能力を求められるシチュエーションを網羅した全7ユニットに基づいてカリキュラムが設計されています。 

 

■ユニット一覧 正しく指示を理解する(メンバーシップ)  上司と信頼関係を構築する(フォロワーシップ) 職場の人間関係を良好にする(リレーションシップ)会議で論理的な発言をする(ディスカッションスキル)◄今回の記事でご紹介するインストラクターが担当しています! 人前で自信をもって話す(スピーチ・プレゼンスキル) 顧客に魅力的な提案をする(セールススキル) 部下をマネジメントする(マネジメントスキル)参考:コミュトレ https://commu-training.isoroot.jp/course/ 

 

「会議で論理的な発言をする」ユニット(※通称:会議ユニット)は、 

 

・相手の発言を理解する方法 ・自分の意見の作り方 ・わかりやすい伝え方 ・説得力をもった発言の仕方 ・会議のファシリテーション方法 


など、職場で議論を交わす場面で用いるスキルを幅広く学ぶユニットです。
 

 

仕事をしていると、「意見を求められる」場面にしばしば出くわします。 

特に、年次や役職が上がってくると、重要な意思決定をする会議の場に参加することも増えてきますよね。 

 

このユニットでは、会社ではなかなか教わらない「会議攻略法」を基礎から応用まであますことなくお伝えしています。 

今回の記事では、この会議ユニットに参加する受講生の学習をサポートする2人のインストラクターを紹介します! 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

【インタビュー】広く、長く、人に貢献するサービスを作りたい!インストラクターOさん 

1人目は、インストラクターのOさん。 

会議ユニットでは、クラス担任を担当しています。  

幅広い知識や的確なアドバイスで、受講生から頼りにされる存在です

 

コミュトレで働くやりがいとは? 

ビジネスコミュニケーション教育を確立することに、やりがいを感じます。  

今はまだ確立されていないもの、広がっていないものを、形にしていくことって、すごく面白いと思うんです。 

これまで世の中になかったものを作り出す、そのプロセスにわくわくします。 

 

振り返ると、高校時代に野球部を友達と立ち上げたことがあるんですよね。 

やっと立ち上がったのが、高校3年生の夏、つまり引退時期だったので、自分が試合に出て活躍したってわけじゃないんですけど。 

ただ、卒業して何年も経った今でもその野球部が続いていて、後輩たちが楽しく野球をしている話を聴くと、「頑張って良かったなあ」と今でも思います。 

 

これまでにないものを作るって、たとえ今すぐに日の目を見なかったとしても、後々の人のためになることだと思うんです。 

 

コミュトレで「ビジネスコミュニケーション教育」というものを確立して、今もその先も、多くのビジネスパーソンに貢献し続けること。 

そういったサービスに関われていること自体に、とてもやりがいを感じます。 

 

会議ユニットの魅力とは? 

前提として「自分の論理性に自信がもてるようになる」というのは、確実にあると思います。 

 

受講生の方とお話していると、 

「自分って、論理的に考えられているのか?感覚的になっているんじゃないか?」 

って不安を感じている方が多いんですよね。 

 

だからこそ、「論理性」というものを基礎からおさえることで、 

「論理性については、自分はもう大丈夫!」 

と思えるようになるのは、コミュニケーションをとる上での大きな変化だと思います。 

 

さらに、このユニットの面白いところは、「人の感情についての理解が深まる」という点にもあります。  

 

会議は、参加する人々の感情の動きに影響を受けやすいものです。  

1人ひとりが真剣だからこそ、つい感情的になってしまいやすいんですよね。 

 

そこで、このユニットでは、 

「どのように伝えたら、受け入れられるのか」
「なぜ、対立してしまうのか」
「どのように相手の感情に配慮しながら、自分の意見を伝えれば良いのか」 

といった、人の感情の取り扱い方をお伝えしています。 

 

このように、論理性に加えて、実は人の感情というものを深く理解できること、そこにこのユニットの面白さや魅力があると思います。 

 

受講を考える皆さんへメッセージ 

スキルさえあれば、ムダだと思う会議は無くせます。 

たった1人、スキルをもった人がいるだけで、会議の進行はガラッと変わるんです。  

 

皆さんは、仕事をしている中で「この会議、意味あるのかな?」「早く終わらないかな」と感じたことはありますか?  

自分の力で、そういった会議を、より面白い、意味のある場面に変えられるようになりたいという方、お待ちしております! 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

【インタビュー】未知の領域を切り拓くことにわくわくする!インストラクターSさん 

続いては、インストラクターのSさん。 

会議ユニットでは、副担任として、皆さんの学習をサポートしています 

コミュトレで働くやりがいとは? 

「コミュニケーション」という、一見曖昧なものを、明確にしていくサービスをつくることにやりがいを感じます。 

未知の領域を切り拓くのって、わくわくしません?笑 

 

たとえば、「わかりやすく伝える」「論理的に考える」って、一見すごく難しそうですよね。 

 

でも、何で難しく感じるのかって考えると、 

「結局どのように伝えれば、“わかりやすい”といえるのか」がわからないから 

に尽きるんです。 

 

これは、人間関係を築く雑談でも、指示を理解する場面でも、コミュニケーションのあらゆる場面にいえると思います。 

 

だからこそ、「これを学べば良い」「トレーニングでこれを意識すれば良い」というように、コミュニケーションのポイントを具体化して明らかにするのが面白いです。 

 考えてもすぐにわからないこともたくさんありますが、考え続けた先でひらめきに出会うと、自分の中でも視点が拓けるような気がします! 

 

会議ユニットの魅力とは? 

思考整理の方法を身につけることで、 

・会議における自分の立ち回りがわかること
・頭の中で、自分が伝えたいことがまとめられること 

が魅力だと思います。 

 

受講生の方のお話を聴くと、 

「今、何の話をしているのか」
「相手は、要は何を言いたいのか」
「自分は何を言わないといけないのか」 

といった部分に迷う方が多いように思います。 

 

議論の場って、どんどん会話が展開していくので、すごく状況が複雑に感じられるというか。 

 

そのときに、思考が整理できると、「自分は何をすべきか」という道しるべが明確になって、迷いがなくなるんですよね。 

それが、結局のところ、説得力にも繋がります。 

 

さらに、相手の発言を紐解いたり、周囲を巻き込みながら結論・合意に議論を導いたりすることもできるようになります。  

このように、周囲から一目おかれる存在に一歩近づけるスキルが身につけられるのは、このユニットの魅力ですね。 

 

受講を考える皆さんへメッセージ 

「論理的」と聞くと、一見難しそうな印象を受けるかもしれません。  

しかし、論理的に考えるとき、そしてコミュニケーションを通じて人に伝えるとき、おさえるべきポイントは意外とシンプルです。 

 

また、論理的な考え方・わかりやすい伝え方・説得力のある伝え方というのは、会議に限らず、仕事のあらゆる場面で必要になります。 

とても汎用性が高いからこそ、自分が仕事上のコミュニケーションをとる上で武器となる技術でもあるので、是非お仕事での活躍の糧としていってもらえればと思います! 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

Part5もお楽しみに! 

いかがでしょうか。 

次回は、「人前で自信をもって話す(プレゼンテーションスキル)」ユニットのインストラクターをご紹介します。 

 

次回もお楽しみに! 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?
カテゴリー: ピックアップ > スタッフ紹介
タグ:,