2021/07/19

第11回|仕事上手は頼み上手!人に依頼をする際のコツ【週刊・コミュニケーション仕事術】

ピックアップ > コミュトレラジオ 朝見まや

 

前回は、職場の人間関係をより良くしたい方に対して「雑談の自己開示」についてお伝えしました。

 

関連記事

 

今回は上手に仕事の依頼をしたい方におすすめのワンポイントコミュニケーション術をご紹介していきます。

 

ラジオ出演中!

コミュトレが、2021年5月6日より、ラジオレギュラー出演いたします

名古屋のラジオMID-FM(エリア人口:300万人)にて毎週木曜17:00~好評放送中!

はたらく社会人に、今日から早速使えるワンポイントアドバイスをお伝えします!

 

第11回のテーマは、「仕事上手は頼み上手!人に依頼をする際のコツ」です。

 

▼動画はこちらからどうぞ!(音量にご注意ください)

 

動画で詳しく解説しておりますが、より理解を深めていただけるように本記事でも配信いたします。

ぜひお楽しみください!

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

コツ①:「あなたに頼みたい理由」を伝える

 

仕事で人に何かを依頼するとき、つい躊躇してしまうことはありませんか?

しかし、実は、ある一言を加えるだけで、「相手をその気にさせる」依頼ができるんです。

それが、「なぜあなたにお願いしたいのか」、つまり指名した理由を伝えることです。

 

人間は「自分に関連すること」しか興味がない?

 

人間は、「自己愛」が強い生き物です。

極端にいえば、「自分に関連することにしか興味がない」といえます(笑)

 

言い換えると、「自分に関係性があることには、聞く耳をもつ」ということです。

この心理作用をうまく利用することで、相手が依頼された内容を自分事として捉え、モチベーション高く取り組んでくれるようになります。

 

<例> ラジオの原稿作成の依頼△「ラジオの収録が来週の木曜日にあるので、お願いできますか?」○「ラジオの収録が来週の木曜日にあるので、お願いできますか?いつも通り、最高の原稿をお願いします!」

 

このように、たった一言を付け加えるだけで、相手は「やっぱり、それは自分がやるべきだ!/自分しかできる人はいない!」という気持ちになることができます。

「あなただから、お願いしたい」という感覚を与えられれば、前向きに仕事に取り組んでもらえますね!

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

コツ②:“心地良く“納期を守ってもらう

 

続いてのコツは、「納期の伝え方」です。

よくある伝え方は、以下のようなものではないでしょうか?

 

<例>
「●日までにやってください。なぜなら、先方に確認する時間が必要なので、その時間を考えると、時間が必要だからです。」

 

理屈も通っていますし、ぱっと見は問題なさそうですよね。

でも、依頼された側の立場で考えるとどうでしょう。

おそらく、頭の中は「自分のスケジュールをどのように調整するか?」でいっぱいなのではないでしょうか。

つまり、「依頼主がそこまでにほしい理由」をどれだけ伝えられても、納得しづらいんです。

 

配慮を示す3つのポイント

 

それでは、どのように伝えたら、相手は“心地良く”納期を守ってくれるのでしょうか?

外してはいけないのは、「相手のスケジュール調整に配慮を示す」ことです。

 

最終的に、スケジュールを工面するのは、依頼された人自身。

だからこそ、依頼する側は、それに対して精一杯の配慮を示すことが大切です。

 

■配慮を示す3つのポイント①気遣いの言葉 例:「お忙しいところ恐縮ですが…」②感謝 例:「いつもありがとうございます!」③譲歩 例:「ここまでは私がやっておくので、これだけお願いして良いですか?」

 

これら3つのポイントをおさえることで、相手が取り組みやすい状況を最大限つくってみましょう!

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

まとめ

 

今回は、上手に仕事の依頼をしたい方に向けた解決策をご紹介しました。

最後に、改めておさらいしましょう。

 

● 「あなたに頼みたい理由」を伝える●「気遣いの言葉」「感謝」「譲歩」を伝えて、心地良く納期を守ってもらう

 

ぜひ使ってみてくださいね!

 

次回予告

次回のテーマは「交渉・調整をスムーズに進める伝え方 」です!お見逃しなく♪

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?
カテゴリー: ピックアップ > コミュトレラジオ
タグ:, , ,