2022/07/01

明日から使える!『接続詞の強調』でわかりやすい伝え方

コミュニケーション > 説明力・説得力 高木宏

皆さん、こんにちは。 

コミュトレ ディスカッションユニット専属 インストラクターの高木です。 

「自分の意見が相手に上手く伝わらないことがあって、、、」 「急に質問されて、その場で答えようとすると上手くいかなくて、、、」 「もっと説得力のある話し方ができるようになれたらな、、、」 

 

私は、コミュトレで約年間、延べ5000名以上の方と 

コミュニケーションのトレーニングをご一緒させていただき、 

このような声を幾度となく耳にしてきました。 

 

こちらをお読みいただいている、あなたはいかがでしょうか? 

正直にいうと、私は過去に何度かこのような経験をしています。 

 

インストラクターをしている立場ですが 

それでも、「あれはもっと上手く伝えられただろう」と 

仕事が終わった後の帰り道で物思いに耽ったことがあります。 

→現在、コミュトレでは個別相談もお受けしています。(2022~)

 ———————–

そこで、今回は少しでも皆さんの力になるべく 

早速、たった1つの明日から使えるわかりやすい伝え方をご紹介します! 

 使えばすぐに効果抜群の選りすぐりのノウハウです。 ぜひご活用ください。 

 

【理由の接続詞を強調しよう!】 

 

ここでいう理由の接続詞とは、 

・なぜなら~ 

・その理由は~ 

・根拠としましては~ 

という、次に理由がくることを相手に伝える表現のことです。 

 

みなさん、これらを強調して使ってますでしょうか。 

 

強調する方法としておススメなのは、 

「なぜなら、(間)~」 「その理由は、(間)~」 「根拠としましては、(間)~」 というように、(間)というところで一呼吸つくことです。 つまり、1秒程度の沈黙を作ります。 

 

そうすると、相手が次に伝えたい理由に注目して聴いてくれます。 

 

もしかしたら、 

間のことまで考えるなんて細かいな、 

そんな余裕が自分にはないな、 

と感じられた方もいるかもしれません。 

 

そこで、実際にいまこのメールを読んでいる瞬間に、試しにやってみてください! 

(声の出せない環境の方は、発声なしの口パクで大丈夫です) 

 

恐らく大半の方が簡単だと感じたはずです。 

 

それは、以下の表現はすべて読点【 、 】が付いているからです。 

・「なぜなら、(間)~」 

・「その理由は、(間)~」 

・「根拠としましては、(間)~」 

 

すこし昔の学校の国語の授業を思い出して懐かしい気持ちですが、 

句読点では、一度文章を区切って、一呼吸おくのは当然ですよね。 

 

 ———————–

ということで、今回ご紹介させて頂いたノウハウはとっても簡単で 

どんな方でも早速明日の仕事から現場で使うことができます。 

 

本当に使うだけで、 

相手に主張の理由が伝わりやすくなって 

より理解を深めてもらえるようになります! 

また、自分の頭の中も整理されて 

話しやすくなりますので、ぜひご活用ください。 

 

なおコミュトレでは、一度コミュトレへ関心を持たれた方に
個別での相談を承っております。

「もっと効率良く身につけたいな」
「自分でやってみたけど、やっぱり上手くいかない」
「プロに相談しながら挑戦してみたい」

前回の相談内容と比較しながら、深く話を進められますので
根本的に改善したい方は是非もう一度、ご相談ください。

もう一度、コミュトレへ個別相談する

関連記事

 

カテゴリー: コミュニケーション > 説明力・説得力
タグ: