2021/10/23

コミュニケーション能力診断で、あなたの強みと課題を正しく整理しよう

ピックアップ > コミュトレ 冬木しょうこ

ビジネスシーンでは、上司や取引先、お客様、同僚と円滑なコミュニケーションをとることが大切ですよね。

 

しかし、いざコミュニケーション能力を高めようと思っても、何から手をつければいいか分からない!という方も少なくありません。

 

そこで役に立つのがコミュニケーション能力診断です。

 

お腹が痛いとき、病院に行くと、まずは診察を受けて「具体的にどこが問題なのか」を明確にしますよね。

 

コミュニケーション能力を高めるときも全く同じ。

効率よくコミュニケーション力を高めるコツは、まず正しい現状把握からスタートすることです。

 

そこで本記事では、コミュニケーション能力の診断を通じて

  • 「自分のコミュニケーション能力ってどれくらい高いんだろう?」
  • 「自分は何が強みで、何が課題なんだろう?」

を整理する方法をお伝えします。

 

何をすればよいのかが明確になるので、もやもやが晴れてモチベーションアップにつながりますよ♪

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

コミュニケーション能力を診断する方法

 

自分のコミュニケーション能力を診断する方法は大きく2つあります。

  • 人に聞く
  • コミュニケーション能力診断ツールを使う

 

以下、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

 

人に聞く

 

周囲の人に、あなたのコミュニケーション能力における強み・課題を聞く方法です。

 

【メリット】ある程度自分の状況に合わせた回答がもらえます。普段から一緒に仕事している人であれば、あなたの人となりや行動をみているため、それに基づいた回答をえられるでしょう。

 

【デメリット】必ずしも客観的とは限らないということ。

 

人は、過去の経験に基づいて考えたり判断したりします。なので、自分とその人との関係性や、その人の知識量・経験値によって、回答内容が変わる可能性があります。

 

例えば、同僚からみて「分かりやすい」話し方であっても、上司から見ると「分かりにくい」話し方とみなされることもあります。

 

人に聞く場合は、相手がどういう人なのかを考慮したうえで聞くことをお勧めします。

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

コミュニケーション能力診断ツールを使う

「コミュニケーション能力 診断」と検索し、ヒットした診断ツールを利用する方法です。

 

10問~20問前後の設問に答えることで、あなたがコミュニケーションをとるときの傾向を診断してくれたり、自分に一番近いタイプを表示くれるものが多いです。

 

【メリット】自分の強み・弱みを様々な角度から、客観的に把握することができます。

 

【デメリット】診断結果の根拠が重要です。というのも、診断自体は誰でも作れてしまうためです。より正確な診断結果を得るには、学術論文や統計データに基づく診断を使った方が確実です。

 

正確にコミュニケーション能力を診断する「スキルタイプ判定」

 

コミュニケーション能力を正確に診断したい!という方におススメなのが、

『スキルタイプ判定』

というコミュニテケーション診断。

 

この診断の元になっている概念がENDCOREモデルです。

 

ENDCOREモデルは、異文化コミュニケーション学・社会心理学など、様々な人文科学をまたぐコミュニケーション能力研究を統合したものとして、藤本学教授(立命館大学)によって発表されました。

 

関連記事

 

 

ENDCOREモデルによれば、あらゆるシーンで使うコミュニケーション能力は、以下6項目に分類できます。

  1. 感情をコントロールする『自己統制スキル』
  2. 考えを言葉にする『表現力スキル』
  3. 意図をくみとる『解読力スキル』
  4. 聞き手の納得を得る『自己主張スキル』
  5. 相手を尊重する『他者受容』スキル
  6. 良好な関係を維持する『関係調整スキル』

 

また、各項目の組み合わせの結果として、9つのスキルタイプが提唱されています。

  1. 内閉型
  2. 我執型
  3. 回避型
  4. 主体型
  5. 受動型
  6. 能動型
  7. 自制型
  8. 均整型
  9. 万能型

 

▼9つのスキルタイプの内容

※それぞれの解説は、藤本教授の論文をもとに、コミュトレ独自の解釈を加えています。

 

自分がどのスキルタイプなのかが分かれば、自分がコミュニケーション能力のうち何を得意としているか、あるいは苦手だと思うのかが診断できます。

 

自分のスキルタイプを知るには、藤本教授の「スキルタイプ判定シート」を使ってみましょう。

 

関連記事
自分のスキルタイプを自己診断してみたい!という方は、こちらをご覧ください(藤本教授のサイトに飛びます)
スキルタイプ判定シート

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

コミュニケーション能力診断をラクに受ける方法

 

スキルタイプ判定シートが少し難しい‥と思ったら、コミュニケーション能力の専門家に相談してみましょう。

 

コミュトレでは、スキルタイプ判定に加えて、ビジネスで求められるコミュニケーション能力を正確に診断できる独自の診断ツール(ビジネスコミュニケーション基礎能力診断)をご用意しています。

 

診断結果を使い、口頭であなたのお話をじっくり伺いながら、コミュニケーションにおけるあなたの強みや課題を一緒に整理していきます。

 

▼ビジネスコミュニケーション基礎能力診断の結果例はこちら;

※ 「ビジネスコミュニケーション基礎能力診断」は、立命館大学教授で「対人コミュニケーション」がご専門の藤本学先生が開発されたコミュニケーション・スキル尺度【ENDCOREs】により算出したものです

「やるべきことが見えてきた」と大好評。ご興味がある方はぜひ一度受けてみてください。

 

 

まとめ:コミュニケーション能力を診断して、成長のきっかけをつかもう

 

今回は、あなたの強みと課題を正しく整理する「コミュニケーション能力診断」についてご紹介しました。

 

ぜひ、正しい現状把握を行って、効率的にコミュニケーション能力を高めていきましょう

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?
カテゴリー: ピックアップ > コミュトレ
タグ: