2021/04/28

休み明けの「やる気が出ない…」をすぐ解消!やる気を取り戻す3つのコツ

コミュニケーション > 考え方・マインド 広谷ろうき

社会人にとって「休日」は、日ごろの疲れを癒したり、英気を養ったりと、非常に貴重な時間ですよね。

 

GWや年末年始などで、長期の休みを取られる方も多いと思います。

 

しかし、中には休みに没入するがあまり、休日が長くなるほど、休み明けの仕事に入る際に、

 

・なんか仕事のやる気が出ないなあ…・仕事モードになかなか入れない・あれ、これって五月病かな???

 

と感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

そのような気持ちが続き、仕事の集中力にも影響してしまったとしたらもったいないですよね。

 

本記事では、休み明けになかなかやる気が出ない、そんなあなたに「やる気を取り戻す3つのコツ」をお伝えいたします。

 

▼ツイッターでも大好評でした★

 

本記事を通して、やる気を取り戻し、仕事への集中モードをつくり出す1つのきっかけにしていただければと思います。

 

関連記事

🌞 「最近仕事が楽しくないなあ…」と感じる方は、その原因を探ってみませんか?

仕事がつまらないと感じる原因は?【正しい対策・NG習慣も解説】

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

やる気を取り戻すコツその①:身体を動かす

 

休みが長くなればなるほど、身体が休憩モードに入り、身体を動かす気にもなれない人が多いのではないでしょうか。その気持ちはよくわかります。

 

しかし、そのままでは身体は休憩モードのままです。ですから、休み明けに「やる気が出ない…」という気持ちになるのは自然の流れですよね。

 

だからこそ「身体を動かせる」と良いです。ただ、これはなんとなく身体を動かしてほしいか、というとそういうわけではありません。

 

仕事に気持ちが向かうように、身体を動かせるとベストです。

 

なぜかというと「作業興奮」という作用が働くからです。「作業興奮」というのは、もともとやる気がなかったとしても、身体を動かしていくうちにやる気が高まる作用を指します。

 

たとえば、部屋の掃除も、やる前は億劫でも、一旦やりはじめるとどんどんのってくる、ということはありませんでしたか?

 

これは仕事においても同じです。

 

まずは身体を動かすところから始めましょう。気持ちはあとからついてきます。具体的には、

 

✔ 仕事の前日に「翌日に着る服を一式選んで」着替えやすいところに置いておく✔ 仕事の前日に「翌日職場にもっていく荷物をカバンの中にすべて入れてから」就寝する✔ 仕事当日、朝目覚めたら、窓の前に朝日を浴びに行く

 

などです。いずれも、そんなに難しいことではないと思います。

 

ちなみに、筆者は休み明けの仕事の際は、この3つともすべて実践しています。

 

実践している中の感想ですが、上記の行動を起こすことによって、自然と仕事に気持ちが向かうような感覚が大きいです。

 

「明日の仕事は△△をやって…」

「明日の仕事は○○を意識しようかな」

 

などと、仕事のことを考える自分がいます。

 

これらの行動を通して「休み明けはやる気が出ない」ではなく「明日からの仕事、頑張ろう」とやる気を取り戻していただけると嬉しく感じます。

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

やる気を取り戻すコツその②:ポジティブな言葉を使う

 

 

休み明けはやる気が出ないな…

と感じてしまう方は、

 

・仕事に対して前向きになれない・仕事に対してやる気が出ない・仕事モードに入れない

 

などと、ネガティブに思考してしまうことが多いのではないでしょうか。

 

ネガティブに思考することは、自分をよりネガティブな方向に導いてしまいます。それがネガティブな結果に紐づいてしまったらもったいないですよね。

 

スイッチを切り替え「ポジティブな言葉を ”使う” 」行動を起こしましょう。

 

なぜこれが大事かというと、ポジティブな言葉を使う行動を起こすことによって、ポジティブな感情を生み出すことができるからです。

 

「行動感情理論」を提唱した、心理学者のウィリアム・ジェームズ・カール・ランゲという方がいます。「行動感情理論」から生まれた、以下のような面白い言葉があります。

 

幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ。

出典:ウィリアム・ジェームズの名言・言葉(英語・日本語)

 

感情から行動が生まれるのではなく、行動から感情が生まれることを示しています。

 

なので「ポジティブな言葉を ”使う” 」行動に取り組んでいただけたらと思います。具体的には、

 

✔ 朝職場に出社した際に、いつもより大きな声で「おはようございます!」と挨拶する✔ 仕事を教えてくれた人に、いつもより感謝の気持ちを込めて「ありがとうございます!」と伝える✔ 仕事の合間の雑談で明るく盛り上がっている輪に入っていき、雑談を楽しむ

 

などのようなことです。ポジティブな行動から、仕事に対して気持ちが向く「ポジティブな感情」を起こしていただければと思います。

 

関連記事
💭 相手とポジティブに会話するためのヒントは、こちらの記事でもご紹介しています

尊敬する上司から教わった「真の会話上手が、無意識にやっていること」

 

やる気を取り戻すコツその③:仕事の目的を考える

 

 

休み明け、特に休みが長くなればなるほど、仕事の勘が鈍りますよね。

 

勘が鈍ってしまうと、仕事に対して頭が回らず、「仕事をこなすこと自体が」目的になってしまう人が中にはいるのではないでしょうか。

 

そうなると、なかなかギアが入らず、ミスも増えてしまいがちですよね。

 

仕事をただ単にこなすこと、ではなく、仕事をこなしていく中で

 

自分はどうなっていきたいのか?チームをどうしていきたいのか?会社組織にどう貢献していきたいのか?

 

のように「仕事を通して達成したい目的」を考えましょう。そうすると、仕事に対するやる気・モチベーションを取り戻せるようになります。

 

「確かに大事だけど少し難しそう…」と感じた方もいらっしゃると思います。そんな方に、筆者からおススメの方法を1つお伝えします。

 

自分の仕事を通して「喜んでいる人」「助かっている人」「より仕事が円滑に進んでいる人」のことをイメージしてみましょう。

 

例えば、

✔ 仕事を覚え、職場になじむことで「少しずつ成長しているな」と心の中で喜んでくれている周りの社員のことをイメージする✔ 自分が作った資料等を通して、周りの社員がより円滑に仕事を進めてくれていることをイメージする✔ 周りの社員がもっていない視点から意見を提案して「これまでにない斬新な視点に、本当に助かっているよ」と思ってくれている姿をイメージする

 

などです。仕事を通して達成したい目的を考え、仕事に前のめりになっていきましょう!

 

関連記事

🔥 仕事を楽しくするためのコツは、こちらでもご紹介しています♪

しんどい仕事を楽しくするシンプルな秘訣

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

まとめ:休み明けの「やる気出ない」を脱し、仕事に集中するために

 

本記事を通して、休み明けになかなかやる気が出ない、そんなあなたに向けて「やる気を取り戻す3つのコツ」をお伝えいたしました。

 

●やる気を取り戻すコツその①「身体を動かす」 仕事に気持ちが向かうように身体を動かす●やる気を取り戻すコツその②「ポジティブな言葉を使う」 ポジティブな言葉を使う行動を起こすことによって、仕事に対するポジティブな感情を生み出していく●やる気を取り戻すコツその③「仕事の目的を考える」 仕事を通して「達成したい目的」を考え、そこにめがけて行動していく

 

どれもちょっとの行動の意識でできる内容です。

 

それぞれ使ってみて、「休み明けはやる気が出ない…」ではなく「集中して仕事に取り組もう!」とやる気を高めて、仕事に臨んでくださいね!

 

関連記事
🔎 スキルをつければ、日々の仕事にもっとやりがいがうまれるかもしれません

【自信がつく!】能力を自然と高める環境「コミュニティ」のススメ

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

カテゴリー: コミュニケーション > 考え方・マインド
タグ:,