2020/10/06

【仲間と一緒に成長】『コミュトレ女子オンラインFes』を開催しました

ピックアップ > コミュトレ 冬木しょうこ

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

先日、コミュトレ東京のLabメンバー5人が、全国の女性メンバーを対象にオンライン女子会を企画開催しました!

 (開催日:2020年8月22日(土)

コミュトレLabとは? 『仲間と一緒に成長する』をテーマにしたコミュトレ公認のコミュニティ。コミュニケーション能力の向上や自己成長のために、卒業生・現役生が小中規模のグループを形成し、自主研究会やイベント等のLab活動を定期的に開催している。(2020年8月現在はオンライン上の活動が中心となっている) 

 

 そこで、今回はその開催の経緯や様子、そして開催者たちの想いについてインタビューいたしました! 

 

「コミュトレLabってどんな活動をやっているんだろう?」 「どんなことを学べるんだろう」 

と気になる方は是非ご覧ください 

 

今回インタビューした方はこちらです! ・ひーさん(医療業界/治験コーディネーター)・さちこさん(福祉業界/保育士) ・くにさん(製薬業界/統計解析)・さくらえびさん(公務員/事務職)・さちさん(業界・職種非公開)

開催者のひーさんより一言:今回の女子会は、既存のLabとしての活動ではありません。しかしながら、等身大の私が最大限投影されている、非常にディープな活動でもあります。また、メンバー5人それぞれの想いも深いことが記事からも感じていただけるかと思います。今後も、不定期ではありますが、仕事やコース学習とのバランスをとりながら、無理のないペースでやっていきたいと思います。

※本記事の内容は全て2020年8月現在の情報です。 

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

Q.どんなきっかけで、オンライン女子会を企画されたのでしょうか? 

コミュトレLabでは、コミュトレでのコース学習や、学習後のメンバーが主体的に活動しています。今回のイベントは、そのLab活動の一環です。私たちそれぞれの想いと目的にあわせて、次のステージをチア(応援)し合う場を作りたいと考えて、企画しました 

 

私たち女性の多くは、キャリアを積んでいくのであれば、良い意味で「欲張りでありたい」と考えているのではないでしょうか。 

 

好き”をみつけたい 好き”をシゴトにしたい 好き”をキャリアアップしたい 

 

このように想いながら、一生懸命仕事している人も多いでしょう。 

 

一方で、私たち女性は結婚や出産など人生の選択肢が多く、環境の変化にも影響されやすい生き方をしていると思います。

その中でも特に、キャリア形成に重要な20代から30代の時期に、どのようなライフスタイルを送ることが望ましいのか、悩むことがあるのではないでしょうか。決断をする機会は少なくないと思いますが、失敗したくないからこそ、つい「自分には無理…」と挑戦をためらってしまうこともあるかもしれません。 

 

だからこそ、自分自身と向き合いながら歩んでいる他のメンバーの様子を知ることで、挑戦をためらっていることに気づきいてほしい。そして、前向きに様々な選択をしていってほしい。という願いをこめました

 

流されて終わりの毎日を変えていきませんか?”ということをひとりひとりにお伝えすべく、出会いから行動に変わる自立を目指すイベントにしようと考えました。 

 

関連記事

💭 仕事とはまた違う環境での出会いが、キャリアアップや挑戦の後押しになるかもしれません♪

「社会人になって友達が減ったな…」と嘆くあなたへ サードプレイスのススメ

 

Q.実際の女子会はどんな様子でしたか? 

 

今回は、オンラインでのコミュニケーション・イベントが初めての方にもその魅力を体験していただき、また一体感を感じることができるよう、 

同時性、双方向性、偶然性 

を意識してプログラムを構成し、展開しました。

 

※以下スライド画像の制作者は、全てひーさんです

 

和やかな中でも、皆さんが飽きないように15分~20分程度で、手や思考を動かすように、全体の構成も組み立てています。 

 

そのため、自己紹介の順は参加者同士で声掛けをして進めてもらうなど、参加者と常に対話する進行を意識していました。 

 

特に、オンラインは対面での活動と違い、時間を共有しても同じ体験をするのが難しいと考えています。そのため、“ハンドケア”の簡単な技術の紹介を行い、実際に全員でやってみるというアクションを入れました。 

参加者のみなさんの反応は、想定以上に好評でした。 

 

Q.企画から開催にいたるまで携わってみて、いかがでしたか? 

地域を超えて、女性が安心して交流できる場を創れた (ひーさん)

期間としては、全体で約2か月かかりました。 

 

メンバーや、コミュトレ生のみなさんからの意見・要望から原案を作成するのに、約1か月。そこから当日までの1か月で、テーマに沿った意見交換ができるように、レクチャーの準備を行いました。 

 

他のメンバー4人は、当日参加できるように仕事や家族とのスケジュール調整をしないといけないので、その点が一番大変だったと思います。

 

そのため、「これまでオンラインでのLab活動は未経験だけど、女性だけなら試しに参加したい」という方でも、気軽に参加できるように、投稿へのコメントや、他のコミュトレ生への声掛けをするということを中心に活動していました。 

 

私自身が今回の最大の成果と考えるのは東京以外、名古屋、大阪を拠点に活動している方々とのつながりが持て、女性が安心して交流できる場をお届けできたことかと思います。 

 

「オンラインでも男性が多いと、活動したくても尻込みしてしまうので、自分から率先して活動するのが難しい」という方に、画面越しではあるもののお会いして、私たち5人や参加してくださった方との交流から、気付きや何等かの学びを得る一助になっていれば幸いです。 

 

今後やってみたいイベントとしては、一言でいうと、「忙しいからこそ、良質な経験を内包している有意義な会」でしょうか。夜間だと参加が難しい方も多く、今回のようなスタイルのイベントを昼間開催することも良いかと思います。 

 

また、円滑なコミュニケーションのためには、心も体も淀みなく聡明さを保つことも欠かせません。

 

そのためQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上につながるトピックを紹介し、ただの雑談や悩み相談にならず、コミュトレで学習した知識、技術がしっかり自分自身のものになっているか、意識しながらアウトプットできるイベントも、「安心してつながれる場」の提供になるかと思います。 

 

これに関しては、男女問わずだと思います。なので例えば、男性女性を問わずコミュトレ生なら全員参加可能な会と、女性限定の会を交互に開催するといった方法で、少しずつ参加のハードルを下げていけるといいと思います。

 

また、「コミュトレLab」というコミュニティーにいる仲間の多様性を受け止めて、意義ある経験や価値ある出会いをお届けできる手伝いができればと願っています。 

 

 

穏やかでリラックスできる場を創れた(さちこさん)

メンバーとの活動は、“何かが起こる”というわくわくした気持ちになります。 

 

今回のメンバーは、以前Labコンテストに向けて一緒にチームを組んだもの同士でした。

 

コンテストに向けて何度かミーティングを重ねたのですが、女性どうしの安心感や心地よさの中で物事が進んでいく、みんなが集まると化学反応が起きる、そんな素敵な空間でした。 
この心地よい空間をコミュトレ女性みんなで共有したいと話していたことが実現し、開催当日までとても楽しみでした。

 

今回は、ひーさんとさくらえびさんが中心に準備を進めてくださいました。なので私は、告知投稿へのコメントや資料を確認するなど、自分ができることで協力しました。

 

当日は穏やかな空気が流れ、参加者みなさんがリラックスして楽しんでいるのを感じることができて、このイベントにかかわることができて嬉しかったです。

 

後ろ向きだった気持ちが、いつの間にか前向きになっていた(くにさん)

「女子同士でしかなかなか話しづらいこともあるから、女子会を作ろう」という話を以前から聞いていました。そのため、今回女子フェスの企画を聞いてわくわくしていました。話し合いの中で構想が生まれ、その実現まで携われて良い経験になりました 

 

参加するにあたってはちょうど育児につまずき悶々としていた時期だったのでなかなか前向きに参加する気分になれなかったときもありました。しかし、久しぶりにコミュトレメンバーと話したいという思いや、女子会ということもあり予定を調整し、思いきって参加しました。 

 

いざ参加してみるとメンバーの前向きで明るい雰囲気に癒されました。また、女子同士なのでなんでも話せ共感し合えて居心地が良く、かなり後ろ向きな気持ちで参加していたのにいつの間にか前向きな気持ちになっていました

 

また、色々な背景、職業、立場のメンバーがいて世界が広がり、違う視点を学べて楽しかったです

 

コミュトレの復習もできたので、継続していけば皆で楽しくコミュニケーション力を中心に、仕事や生活の質を上げていけそうだなと思えました 

 

 

情報共有をしっかり行うことで満足感や達成感が得られる(さくらえびさん)

いつも思うのは、イベント企画は楽しい!(笑)そして、コミュニケーションの勉強にとても良い、ということです。

 

連絡調整、渉外、当日の回し。どれだけ時間をつぎ込むかで内容も変わるし、その学びの質も変わるなと思います。

 

今回はそういった意味では大成功だったと思います。普段のラボ活動もそうですが、情報共有をしっかり行うことで、成功率も上がり、満足感や達成感を得られると感じましたまたイベント企画をしたいと思います。 

 

 

ざっくばらんに話せて、時間があっという間だった(さちさん)

関東の方だけでなく、大阪の方とも交流ができるのはやはりオンラインの強みだと思いました。

 

職業も背景も違う方同士ですが、「学びたい!」「つながりたい!」という共通の思いがありました。

 

また、女性同士ということもあり、ざっくばらんに話をすることができました。時間がたつのが早かったです。 

 

関連記事

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?

 

まとめ:仲間で集まると化学変化が起こる

いかがでしたでしょうか。今回は、オンラインでのコミュトレ女子会企画者5名に、企画背景や当日の開催内容を中心にお伺いしました 

 

女性キャリアを積んでいく過程では育児や仕事など様々な環境での変化にさらされます。それにより、ときに迷ってしまったりもやもやしてしまったりすることもあるでしょう。 

だからこそ、「自分を変えていきたい!」という方が安心してまれるコミュトレLabの場で、様々な方とコミュニケーションを交わすことによって気持ちが前向きになり、もっと頑張ろう!という気持ちも芽生えてきます。 

 

コミュトレLabでは、このように会員向けの自主イベントが多数開催されています。是非次のレポートもお楽しみに!

 

関連記事
✍ 1人で学ぶのではなく、仲間と活動することの意味とは??

【自信がつく!】能力を自然と高める環境「コミュニティ」のススメ

 

その悩み、【診断付】無料カウンセリングで相談してみませんか!?
カテゴリー: ピックアップ > コミュトレ
タグ:, ,